これも周囲への配慮と考えるべきか

花粉症の季節が到来すると、どうも鼻の粘膜が弱ってくるらしく、
ひんぱんに鼻血が出るようになる。

あ、鼻水が垂れてきたかも!と思って、
慌ててティッシュで鼻を抑えると、
キャー、真っ赤に染まってる!という朝が続く。


そして、出勤の時間が迫ってきてもまだ鼻血が止まらないなんて事態もよくあり、
そんな時には、とにかくティッシュを鼻の穴に詰めて、
その上からもう一枚のティッシュを折りたたんで被せ、
そしてマスクをするという荒技を使う。

お願いだから、通勤途中で鼻血が白いマスクに染み出してきませんように・・・と
祈るばかり。

電車に乗る前、駅のトイレで鼻に詰めたティッシュを交換し、
まだ血が出ているようなら、
電車を降りた後、駅のトイレでもう一度チェック。

誰だって、マスクから血が滲み出している人を駅や街中で見かけたら、
ギョッとするから。

Comments are closed.