乾燥肌の原因は洗いすぎかもしれません

乾燥肌は、皮膚の水分量が減ってしまった状態のことを言います。
原因は紫外線や年齢などいくつかありますが、皮脂量が足りなくなり、
うるおいを閉じ込めておくことが出来なくなるためです。

人間のお肌には、角質や皮脂によって守られています。
皮脂というと、ニキビの原因となる悪いものだというイメージがありますが、
お肌を守るためには欠かせない存在です。

しかし、きちんと洗顔することがスキンケアの第一歩という言葉もあり、
洗いすぎている人が多くいます。
洗顔で皮脂を落とすと、すっきりとした気持ちになりますが、
必要な皮脂まで落としてしまっては、お肌にダメージを与えてしまいます。

乾燥肌は、水分量とともに、皮脂量も減っている状態なので、
皮脂を残しておく必要があります。
乾燥肌用の洗顔料は、脂性肌よりも皮脂を残すように設計されていますが、
洗いすぎはよくありません。
一日に何度も洗顔料を使わないようにしましょう。

洗顔料を朝と夜に使っているケースが多いですが、夜にきちんと洗顔をすれば、
朝はぬるま湯で洗えば十分きれいになります。
皮脂を落とし過ぎることもなくなるので、乾燥肌の人は朝の洗顔をやめてみたり、
洗顔後はすぐにスキンケアをすることで、症状は改善します。

Comments are closed.