節税対策として住宅を売却するメリットとデメリットとは

節税対策として土地を売却すると、使わない土地の整理が可能、支払う税金の額が少なくて済むなどがメリットです。例えば畑として使っていた所があったとします。畑は手入れを怠らなければ、野菜の収穫ができますが、仕事などで忙しくなると雑草だらけになります。

そのため、畑を処分しようと考えるのは、一般的なことと言えます。休耕地は手入れをしなくなっているため、価値は低いですが、売却すればお金になるので大丈夫です。あと、節税対策をしたので、税金を支払う額が予定よりも大きく下がります。住宅売却でも、収入が高い人ほど支払う税金が多くなることから、何らかの対策をしたくなるのは自然の流れです。かなりの額の税金を払う必要がなくなった際は、家族旅行に行ったり、ご飯をおごってあげると喜ばれます。

デメリットは手放した金額は自慢話にできない、確定申告が必須などです。土地を購入した時よりも安く手放したことになるため、その話をすれば笑われるネタになる場合があります。特に地域の人々は、刺激的な話題を常にほしいと感じているため、話した時は格好の的になるので注意です。

ただ、節税対策で価値が下がっている所を手放したと話せば、隣人達は勉強になると感じて、熱心に話を聞いてくれます。税金に関する勉強になることから、笑われる心配はないです。また、節税をするには税務署へ行き、確定申告が必須です。面倒な作業ですが結果として利益に結び付くので、税務署内の人達に話を聞きながら手続きを済ませましょう。

Comments are closed.